デパス依存症の具体的症状とは?

ジェネリックでも依存?

デパスとは、精神を安定させるための薬の事であり、一日に一ミリグラムから三ミリグラムが適量となっています。就寝前に服用します。睡眠障害や更年期障害、うつ病、胃潰瘍などストレスからくる病気を引きおこした際に、その緊張状態を緩和するために、服用する事で体内の血中濃度を高めていきます。副作用としては、立ち眩みや目眩を起こしたり、倦怠感が現れる場合があります。また、依存性もあります。他の薬と比べると比較的少ないとされていますが、依存症としての具体的症状とは、デパスがないと眠れなくなってしまったり、常備していないと不安に駆られてしまう場合、医師の提示した薬の用法、用量が守れず、自ら量を増やしたり間隔を空けずに飲んでしまう事が日常茶飯事になってしまうなど、依存症に陥っている事が考えられます。病院で処方される他に、インターネットや通販でも販売されており、購入が可能となっていますが、まずは病院で医師による診断のもと、必要と判断されてからの服用が望ましいとされています。この薬にはジェネリック医薬品も販売されており、デパスと同じ効果で安価に入手する事ができる、青い色をした錠剤、エチラームと呼ばれる物も存在しています。